国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

一目均衡表と国内バイナリーオプション

公開日:

一目均衡表と国内バイナリーオプションの相性とは?

皆さんは国内バイナリーオプショントレードを行う際、どのようなテクニカル分析指標をメインで利用されているでしょうか?やはりMACDやRSI、ストキャスティクス等が人気だとは思いますが、一目均衡表を使っているという人はあまりいないのではないでしょうか。

一目均衡表は主に日足メインで使う人が多いため、FXなどのスイングトレーダーの間ではとても人気となっています。しかし、国内バイナリーオプションでは10分足から1時間足くらいまでの比較的短時間の時間軸でチャートを表示することが多いため、あまり一目均衡表は使われていないのです。また、そもそも一目均衡表の見方自体がわからない、難しそう、という人もかなり多いのだと考えられるのです。

しかし、実は一目均衡表は短い時間軸でもきちんと機能することが多くのベテラントレーダーや私の経験則から実証されています。これはFXだけではなく、日経平均などでも言えることで、5分足や10分足の一目均衡表で大儲けをしたという人を私は何人も知っています。一目均衡表は単純な上下の予測だけでなく、時間的なスパンや転換点なども示唆してくれますので、これを使いこなせるかどうかは国内バイナリーオプショントレードを行う上で非常に大きなポイントとなってくるのです。

というわけで、今回から数回に渡り、テクニカル分析カテゴリーの超重要メニューとして、国内バイナリーオプションにおける一目均衡表の実践的使用方法について解説していきたいと思います。

まずは5つの線を覚えよう

とにもかくにも一目均衡表を構成する5つの線について覚えておかなければ話はすすみません。ですので、まずは簡単に線の名称とその算出方法を覚えておきましょう。一目均衡表はぱっと見は本当に複雑ですが、実はその中身はすごく単純なんです。

・転換線
一つ目の転換線は「転換値」を繋いでいくことで描画されています。この転換値は
(過去9日間の安値+過去9日間の高値)/2
という計算式で求められます。

・基準線
二つ目の基準線はこれも「基準値」を繋いでいくだけです。基準値は
(過去26日間の安値+過去26日間の高値)/2
で算出されます。日数が変わっただけで転換線とほぼ同じですね。基準値の方がより長い期間の高値・安値を見ているわけです。この二つの線は移動平均線と同じなんじゃないかと思われる人がいるかもしれませんが違います。この二つの線が上下に動くのは高値・安値が変化した時ですから、移動平均線のようになめらかに日々変化するのではなく、カクン、カクンと階段上に動くのが特徴なのです。

・遅行スパン
三つ目の遅行スパンは計算式というのは特にありません。というのも遅行線はその日の終値を単純に26日分後ろにずらすだけだからです。

・先行スパン1・2
先行スパンには1と2の二つがあります。この二本の線は一目均衡表最大の特徴である「抵抗帯(雲」」を作る線ですからしっかりとその計算式を覚えておきましょう。と、言っても全く難しいものではありません。

先行スパン1は
(転換値+基準値)/2 これを、26日先にずらして描画する

先行スパン2は
(過去52日間の安値+過去52日間の高値)/2 これを、26日先にずらして描画する となっています。名前の通り、相場の未来を予測するために超重要となる線です。そしてこの先行スパン1と2の間のゾーンは「抵抗帯」と呼ばれており、上下端は上値抵抗線や下値支持線になりやすいと考えられています。抵抗帯についても必ず覚えておきましょう。

国内バイナリーオプションで使うには上記例のような日足での時間軸ではなく1時間足が最もマッチするでしょうから、その点は各自分析ツールの設定(チャートの足)を1時間足に変更して表示しましょう。次回はこの5つの線がどういった動きをするのか、その役割について触れてみたいと思います。

関連記事

売買タイミングの精度を上げるために 国内バイナリーオプショントレーダーの多くはモニターの上にいくつ

前回のおさらい 前回は、移動平均線とは何であるのか、そして移動平均線を使ってどのような相場分析を行

江戸時代に開発された酒田五法 日本独自の相場表現技法であるローソク足の歴史は古く、過去の先人達によ

ボリンジャーバンドとはボリンジャーバンドは統計学の応用から生まれたテクニカル分析手法です。ボリンジャ

トレンドの重要性為替の値動きを掴む上で最も重要なのがトレンドに対する認識です。トレンドとは一定以上の

通貨ペアは二つの力関係だけでは動かない 強い通貨と弱い通貨、当然このような通貨ペアの組み合わせでは

テクニカル分析はとても数が多いですよね。ローソク足一本からでも分析はできますし、トレンドラインやボリ

テクニカル分析って何? テクニカル分析とは過去の相場の値動きを解析し、これから先どのような未来が待

基本中の基本 移動平均線前回までのローソク足分析やその分析手法である酒田五法と並び、テクニカル分析の

市場のテーマを読み取ろう 当サイトではたくさんのテクニカル分析やその活用法を解説してきました。しか