国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

テクニカル分析とは

公開日:

テクニカル分析って何?

テクニカル分析とは過去の相場の値動きを解析し、これから先どのような未来が待っているかを統計的に予測するための手法です。これまで数々のテクニカル分析手法が経済学者やトレーダーによって編み出されてきました。その数は細かく分ければ数百種類にも上ると言われています。
テクニカル分析は高度な数学的・統計的知識を基に構成されています。しかし難しく考える必要は無いのです。分析による指標やチャート自体はバイナリーオプション業者のツールが作成してくれます。トレーダーはあくまでもテクニカル分析を上手に利用出来さえすれば良いのです。

テクニカル分析で分かること

テクニカル分析は大きく二つのタイプに分けることができます。一つはトレンド系と呼ばれる指標。もう一つはオシレーター系と呼ばれる指標です。

トレンド系のテクニカル指標は相場の方向性を掴むための分析手法です。バイナリーオプションで勝つためには相場が上下どちらの方向へ行きたがっているのかを正確に掴まなければなりません。トレンド系の指標では過去から現在に至るまでのレートの変化を解析し、基本的には今後もその方向が続くことを前提として相場予測を行います。トレンドが強ければ強いほど正確性の増す分析手法です。

一方、オシレーター系は相場の過熱度を表す指標です。相場は常に上がりすぎ下がりすぎを繰り返しています。山高ければ谷深しと言いますし、その逆もまた然りです。行き過ぎたレートには元の位置に戻ろうとする力が働きます。つまり逆張りで仕掛けるタイミングを計るための分析手法がオシレーター系ということになります。

この二つのテクニカル分析を組み合わせながらトレーダーは相場の予測を組み立てていきます。ある程度の期間をかけて大きく値を伸ばしていく相場ではトレンド系が有効ですし、上下に一定の値幅で動き続けるレンジ相場ではオシレーター系の指標が有効になります。どちらを重視するかはその都度変化しますから、その使い分けも今後勉強していきましょう。

テクニカル分析も万能ではない

ここまで述べてきたように、テクニカル分析はトレーダーに多くの情報を与え、そして大きな武器となってくれます。しかし、テクニカル分析は未来を正確に映し出してくれる万能の鏡ではありません。あくまでも「現状のトレンドを正しく認識し、今後どのような動きになる確率が高いのか」を教えてくれる存在なのです。

この点は強く認識しておかなければなりません。と、いうのも相場には「だまし」が頻繁に発生します。だましというのは微妙な需給関係や突発的なニュースなどによって相場が一時的にテクニカル指標が指し示す方向とは逆に動くことです。だましは不規則に起こりますから、これを完全に予測することは不可能なのです。しかし、そこで「テクニカル分析なんて役に立たない」と投げ捨ててしまっては何の進歩もありませんし、長い目で確率的に考えれば有用なアイテムを放棄してしまうのは大変もったいないことです。

これから解説していく各種のテクニカル分析にはそれぞれ有効な場面とそうでない場面があります。テクニカル分析に長けた人というのは、状況に適した方法を常に柔軟に使い分けることができるのです。
初めから高度な分析手法を完璧にマスターする必要はありません。一つ一つ丁寧に、自分の得意とする武器を増やしていきましょう。

関連記事

一目均衡表と国内バイナリーオプションの相性とは?皆さんは国内バイナリーオプショントレードを行う際、ど

ボリンジャーバンドとはボリンジャーバンドは統計学の応用から生まれたテクニカル分析手法です。ボリンジャ

江戸時代に開発された酒田五法 日本独自の相場表現技法であるローソク足の歴史は古く、過去の先人達によ

前回のおさらい 前回は、移動平均線とは何であるのか、そして移動平均線を使ってどのような相場分析を行

通貨ペアは二つの力関係だけでは動かない 強い通貨と弱い通貨、当然このような通貨ペアの組み合わせでは

トレンドの重要性為替の値動きを掴む上で最も重要なのがトレンドに対する認識です。トレンドとは一定以上の

基本中の基本 移動平均線前回までのローソク足分析やその分析手法である酒田五法と並び、テクニカル分析の

トレンド分析の初歩 ローソク足相場の動きを見る場合、最も一般的な情報が四本値です。これはある期間中の

酒田五法最終回!三空と三法を学ぼう前々回、前回とこれまで酒田五法の基本的な考え方や、三山、三川、三兵

波動の動きから相場を読む エリオット波動とはフィボナッチ数列を利用した相場分析手法です。フィボナッ