国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

「統計的」なストキャスティクス

公開日:

ストキャスティクスは過去の高値・安値を参考値として使う

ストキャスティクスは「統計的な」という意味のテクニカル分析手法です。相場の過熱感を数値化することによって売買シグナルを発生させます。

直近のある期間中の最高値と最安値に対し、現在の相場がどの程度の高さにあるのかをパーセンテージで示し、0%に近ければ近いほど売られすぎ、100%に近ければ近いほど買われすぎと判断します。

ストキャスティクスは%K、%D、Slow%Dの三つのラインで成り立っています。%Kは直近の終値から過去一定期間の値動きの中で現在がどの程度の水準にあるかを示します。また%Dは%Kの数値の平均線(期間は任意)となります。最後にSlow%Dは%Dの移動平均線となっており、相場の変化に対応するスピードとしては%K→%D→Slow%Dの順番で早くなります。

stcastics

75%以上→買われすぎ 25%以下→売られすぎ

ストキャスティクスで相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する場合はまず%Kと%Dの位置をチェックします。この両方が75%以上にある場合は基本的に相場が加熱している状況、つまり買われ過ぎていると判断されます。またこの二つのラインが両方とも25%を下回っている場合は売られすぎと判断され、買い出動する準備をすべきタイミングだと判るのです。

この相場予測をより正確なものにするための工夫としては「80%以上にあり、ラインが下降し始めたら売りシグナル」、「20%以下にある時にラインが上昇し始めたら買いシグナル」とする方法もあります。

ちなみにこの買われすぎ・売られすぎの判断には%Kラインよりも、%Dラインのほうが信頼性が高く重要だと考えるのが一般的です。

ストキャスティクスの売買シグナル

ストキャスティクスにある3つのラインのうち2本のラインの位置関係でもって売買のシグナルとする判断方法もあります。この考え方には「ファスト・ストキャスティクス」と呼ばれる方法と「スロー・ストキャスティクス」と呼ばれる方法の2種類があり、ファストの方は%Kと%Dを用います。この%Kが%Dを下から上へと抜いてゴールデンクロスとなった時を買いシグナルと認識し、逆に上から下へ抜いた時(デッドクロス)を売りシグナルと見るのです。

また、スローの場合は%DとSlow%Dを用います。見方は基本的にファストと同様で、%DがSlow%Dに対してゴールデンクロスしたりデッドクロスしたりするタイミングを売買シグナルとします。

傾向としてはファストの場合は騙しが比較的多く発生してしまうためスローの方を愛用するトレーダーが多いようです。自分が取引するバイナリーオプションの原資産通貨ペアや時間軸によってもこのスローとファストでどちらが向いているか違ってきます。過去データを使って何度もバックテストを繰り返しどちらを利用するか研究してみると良いでしょう。

関連記事

テクニカル分析って何? テクニカル分析とは過去の相場の値動きを解析し、これから先どのような未来が待

まずは基準線と転換線に注目しよう 前回は国内バイナリーオプションを攻略するにあたっていかに一目均衡

テクニカル分析はとても数が多いですよね。ローソク足一本からでも分析はできますし、トレンドラインやボリ

売買タイミングの精度を上げるために 国内バイナリーオプショントレーダーの多くはモニターの上にいくつ

江戸時代に開発された酒田五法 日本独自の相場表現技法であるローソク足の歴史は古く、過去の先人達によ

前回のおさらい 前回は酒田五法の概要や、三山について解説しました。三山は視覚的にパッとイメージし易い

ボリンジャーバンドとはボリンジャーバンドは統計学の応用から生まれたテクニカル分析手法です。ボリンジャ

勝っている人の習慣をマネしよう 国内バイナリーオプションで勝っている人、儲かっている人というのは総

市場のテーマを読み取ろう 当サイトではたくさんのテクニカル分析やその活用法を解説してきました。しか

トレンドの重要性為替の値動きを掴む上で最も重要なのがトレンドに対する認識です。トレンドとは一定以上の