国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

国内バイナリーと海外バイナリー改めてその違いを知ろう

公開日:

国内業者とは?

バイナリーオプションの世界において、度々議論になるのが「国内業者と海外業者、どっちが優れているのか?」というテーマです。

海外業者を支持する人たちの意見としては、海外業者には60秒や30秒といった短時間で勝敗が決まる超短時間取引があることや、新規口座開設時に多額のキャッシュバックシステムがあることを理由にしている人も多いようです。しかし、実はこれらを差し引いても海外業者には大きな問題点があると言わざるを得ません。

国内業者とは簡単に言うと「日本の金融庁から営業の許可を得ている業者」ということになります。許可を得るためには厳しい審査をクリアしなければならず運営体制や資本金、資金の保全状態など様々な条件を満たす必要があるのです。

一方で海外業者には一切このような義務はありません。お金があろうがなかろうが、どのような運営をされていようが、取引ツールに表示される為替レートをどのように細工しようが全て業者側の自由なのです。これはあくまでも海外に拠点とサーバーのある日本の法律とは無関係の存在だから可能なのです。

業者側にとってみればたしかに海外の方が運営は簡単です。儲けることも簡単でしょう。しかしトレードする我々からしてみればどちらが信頼に足る業者と言えるでしょうか。今回は取引ルールやサポート体制の違いの観点から、この二つを改めて比較してみたいと思います。

取引ルールの違い

海外バイナリーを選ぶ人の多くは「短時間取引に惹かれて」というケースが多いのは事実です。先ほど海外では取引時間1分以内の短時間取引を自由に行うことができる、と述べましたが一方で国内バイナリーオプション業者の場合は2時間に一度、一日に10回~12回ほど訪れる判定タイムごとにしかトレードすることはできません。たしかにこの点で国内バイナリーオプション業者の方が柔軟性が低いことは認めなければなりませんが、2社以上の国内業者を使うことによって取引回数は倍増させることができますし、為替レートの正確性まで考慮に入れると決して国内業者の方が不利とは言えません。むしろ一回あたりのペイアウト率や、為替レート、約定値の公平性・厳密性を考えれば国内バイナリーの方が安定して利益を重ねられると考えた方が確かです。お金がどんどん削られても取引さえできれば良いという人であれば海外業者の方が向いているかもしれませんが。

サポート体制の違い

国内業者に圧倒的なアドバンテージがあるのがサポート体制です。国内の場合業者によっては取引時間中、平日はほぼ24時間体制で顧客に対する電話サポートを行っている所もあります。その一方で海外業者の場合はそもそも、メールかチャットのみでの対応になっているところがほとんど。しかもメールはまともに返信が来ませんし、チャットもつながらない事がとても多く使い物になりません。海外業者の場合はいつでも資金を持ち逃げできるよう準備を整えておくため、なるべく一般の社員は雇わず、少数の幹部社員だけでまるでハリボテのような運営を行っているのです。

結局は信頼度が段違い

トレードするにあたって一番重要なことは「勝てるかどうか」「儲かるかどうか」ですよね。しかし、儲かったお金が無事に自分の手元に渡ってこないとしたらどうでしょう。パソコンの画面に表示されている金額などはっきり言ってしまえばただの数字に過ぎません。そのお金をしっかりと自分の持つ銀行口座に反映させることが出来てこそトレードをする意味があるのです。

国内業者としか付き合った経験のない人にはわからないかもしれませんが、この「当たり前」が実行されていないのが海外業者の世界なのです。

お金のやりとりに置いて全てに優先されるべきは「信頼度」です。信頼できない相手にお金を渡すのは自殺行為であると言えます。

海外業者に関しては日本の金融監督庁や消費者センターから度々警告が発せられています。バイナリーオプションはもちろんFXやその他の金融商品全てにおいて、日本国内において営業が認められている、正規の業者だけを利用するようにしましょう。

関連記事

国内バイナリーオプションは主婦の方でも比較的稼ぎやすい投資方法であるので、最近特に注目されています。

予想を立てなきゃ始まらない 国内バイナリーオプションで毎月堅実に利益をあげつづけているという人は、

国内バイナリーオプションを投資方法に選んだあなた。しかし、国内バイナリーオプションは他の投資方法とは

国内バイナリーオプションは、日本で正式な投資として行える投資法のなかでも、比較的初心者向きだといわれ

何事にも「先行者利益」というものがありますが、国内バイナリーオプションも今やその様な状態にあります。

国内バイナリーオプションで勝てるようになると、毎日の生活がこれまでとは全く違ったものになるのは間違い

本日の結果 2日連続中国人民元切り下げも… 皆様、相場お疲れ様です。今日もなかなか濃い一日となりま

ユーロ米ドルは最大の取引高 ユーロ米ドルは「THE・外国為替」とも呼べる存在で世界で最も取引高の大

国内バイナリーオプションは、例え初心者でも勝てることができる投資方法として、最近人気が急上昇していま

国内バイナリーオプションのデモを最大限に活用するための着眼点についてご紹介しましょう。御存知のように