国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

需給へのアプローチ①複数の時間軸で視てみよう

公開日:

相場の動きは需給次第

国内バイナリーオプショントレードにおいて、為替の動向を見極めるのは勝利のために必要不可欠なことですね。テクニカル分析やファンダメンタル分析を通じて、様々な予想を行うわけですが、もうひとつ重要な視点があるのです。

その重要な視点というのは「需給」です。これまで何度か相場道場のカテゴリーでも解説してきましたが、相場が今この瞬間どちらにいくかは突き詰めてみれば需給によってのみ決まるとも言えるのです。

外国為替は株式のように「板」がありませんし、信用買残や売残なども存在しません。外為市場はインターバンクという世界中の金融機関が網の目のように連なりあった中でレートが決められていくのでなかなかこの需給を掴むことは難しいのです。しかし、それでも数少ないいくつかの手がかりをもとに、おおまかな実需・仮需の動きは見極めることは可能なのです。今回は短期・中期・長期と時間軸ごとに、どんな点に注目すれば需給の読みに役立つのかを解説していきます。

短期の需給

短期の需給においてはその日のうちに全てのポジションをクローズしてしまうようなディラーや投機家たちが主役となり、次いで実需取引筋がサブの役割を果たします。その日のうちにクローズするというのは例えば東京時間に作られた米ドル円ロングのポジションは遅くともニューヨーク時間の午後にはイグジットするという意味です。短期の需給にまず最初に変化が現れるのは東京時間です。極東に位置する日本が一番早く次の日付を迎えるからです。あまりないことですが、特に材料もないのに日本時間の午前に相場が大きく動いた場合は注意しましょう。その逆の動きが必ず欧州時間か米国時間のどこかに現れるはずです。

中期の需給

中期とは1週間から長くても1ヶ月程度の間の動きになります。中期の需給やトレンドは国内バイナリーオプションでも基本的な戦略を構築する上でとても重要な時間軸となります。中期においては実需と仮需がおおよそ半々の影響力を持つと考えてよいでしょう。中期は最も経済指標などの内容にポジションが影響されやすい時間軸とも言えます。その他、突発的な事件やニュースによっても中期的な需給は大きく影響を受けます。特にネガティブなニュースには短期需給だけでなく、中期需給も一気にポジションが変更されることがあるので湯注意です。

長期の需給

国内バイナリーオプションでは余り重要視されることはありませんが、念のため長期的な需給のチェックポイントについてもご紹介しておきましょう。長期的な需給はほとんどが買い切り・売り切りを行う実需筋によって構成されています。彼らはそれぞれの主体が持つ事情によって外国為替を売買していますので、基本的にどのようなニュースに対してよほどのことがない限り売買の方針やスケジュールを変更することはありません。また、経済指標としては特にインフレ率と政策金利の行方に注意を払うようにしましょう。これらの方向性はすぐには変わりませんので、半年から一年といった長い目線でトレードに利用できる、ベースとなる情報になるのです。国内バイナリーオプションについては、長期⇒中期⇒短期といった順番で需給チェックを行うとよいでしょう。大きな視点から徐々に足元の国内バイナリーオプショントレードへとトップダウンしていくわけです。

関連記事

購買力平価と為替レートには差がある 国内バイナリーオプションで勝つためには為替に関する様々な勉強が

2012年に民主党から自民党へと政権交代し、第二次安倍内閣が発足してからというもの、大小の波はあった

実需は行ったきり・仮需は行って来い 現在の相場の動きがある程度長い期間でのトレンドとなるのか、それ

前回のおさらい今回はバイナリーオプショントレードにとって極めて重要と言える「トレンド」と「ボラティリ

アメリカは予想通りの利上げ実施! さあ、これまでいつやるんだ、いつやるんだと思われ続けていた米国の

既に皆さんもご存知のことと思います。フランスで起きた同時多発テロ。150人以上の死傷者が発生している

先日11月6日金曜日の深夜、11月の米国雇用統計が発表になりました。気になる結果は市場予想を大きく上

忘れちゃいけないファンダメンタル分析バイナリーオプションのトレードでは特にテクニカル分析を重視してい

政治的リスクについて 政治の世界において経済や金融は大変大きな存在意義を持っています。政治家にとっ

どうして中国が話題になってるの? ここしばらくのところ中国の経済状況についてのニュースがテレビや新