国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

その2.トレンドとボラティリティ

公開日:

前回のおさらい

今回はバイナリーオプショントレードにとって極めて重要と言える「トレンド」と「ボラティリティ」がどのような原因、背景によって発生するのかを考えてみましょう。

ちなみに「ボラティリティ」というのは要は相場の波のことです。変動率とも表現します。チャートを見ると一目瞭然ですが、どんなにはっきりとしたトレンドを描いているチャートにも必ず細かな上下はあります。また、上とも下ともつかない全くトレンドの無い相場であっても、大きな値幅で激しく上下を繰り返している時期や、逆に延々と真横に動くベタ凪期間があったりします。
方向感を意味するトレンドに対して、全くトレンドとは関係の無い「波の高さ」をボラティリティが高い、低い等と表現するのです。

さて、では改めて前回のおさらいを簡単に。
前回、相場には買い切り、売り切りを行う実需筋と、買った物はそのうち売り、売った物は買い戻す必要がある仮需筋が存在するという話をしました。そして、実需と仮需が出会った場合、買い切って(売り切って)しまった実需筋の取引した方向に強く相場は流されていくという結論でした。これは、実需の相手をした仮需には断続的にそのカバー需要が発生するためで、また別の実需筋を相手にするまでは延々とこの動きが繰り返される事になるからです。

実需はトレンドを 仮需はボラティリティを

では、ここで冒頭のテーマについて考えてみましょう。相場の大きな流れであるトレンドと、一過性の波であるボラティリティについて、実需と仮需はどのように関係しているのでしょうか。

勘の良い人はもう核心に気付いているかもしれませんね。実需の売買は相場に長期的な買い(売り)需要を発生させます。実需筋に大きく偏った売買需要が発生した場合、その方向に対して為替相場はかなり長い期間に渡って引っ張られることになるのです。
一方、仮需筋の規模が拡大した場合、相場にはどのようなどのような変化が起こるでしょうか。仮儒筋は実需筋に比べてとても短い時間軸で売りと買いを繰り返します。そのため、相場のボラティリティは拡大し、実需筋の発生させたトレンドに従いつつも激しく上下に動くことになります。

実需筋の規模と方向、仮儒筋の売買意欲、これらを見極めることがファンダメンタル分析の大きな目的なのです。

実需筋と仮需筋の動きは材料によって変わる

では、彼らは一体何を理由にして通貨を売買しているのでしょうか?
実はこの疑問を解決することこそが、このカテゴリーの大きな目標なのです。
相場は日々、ニュースに溢れかえっています。平日は毎日のように重要な経済指標が発表されますし、テロや災害といった地政学的リスクは24時間365日どこで何があるかわかりません。その他、政治家の重要な発言や選挙結果等々、相場に携わるということは全世界のあらゆる変化や動きが自分の損益と直結しているという事なのです。

次回から、これら様々な材料について実需と仮儒がどのような動きを見せるのかを一つ一つお話していきたいと思います。また、一言で実需や仮需といってもその中身はいろいろです。
為替はどうして動くのか、これから丁寧に学んで行きましょう。

関連記事

株式市場と為替相場 株式相場と為替相場は一見無関係のようではありますが、実は密接な繋がりを持ってい

購買力平価と為替レートには差がある 国内バイナリーオプションで勝つためには為替に関する様々な勉強が

アメリカとEU以外にも重要な経済指標はある 前回はアメリカとEUに関する重要な経済指標を紹介しまし

意外に素直じゃない?ドル円 国内バイナリーオプショントレードにおいて、最も人気が高い通貨ペアはドル

先日11月6日金曜日の深夜、11月の米国雇用統計が発表になりました。気になる結果は市場予想を大きく上

実需は行ったきり・仮需は行って来い 現在の相場の動きがある程度長い期間でのトレンドとなるのか、それ

企業の動向と為替 日々流れるニュースの中には当然、企業動向に関する物も多く含まれます。特に商社や輸

経済指標のインパクトは織り込み具合で決まる 経済指標発表の前後では、その結果は既に織り込まれている

どうして中国が話題になってるの? ここしばらくのところ中国の経済状況についてのニュースがテレビや新

既に皆さんもご存知のことと思います。フランスで起きた同時多発テロ。150人以上の死傷者が発生している