国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

その5.企業の動向と為替

公開日:

企業の動向と為替

日々流れるニュースの中には当然、企業動向に関する物も多く含まれます。特に商社や輸出入に関連する大企業のニュースは為替相場に対して与える影響も無視できるものではありません。
企業の動きは実体経済そのものだと言えます。つまり、政府や中央銀行の要人発言のようにフォワードルッキング的な物ではなく、また経済指標のように事後的なタイムラグのある物でもありません。あくまでもリアルタイムなお金の流れなのです。
しかし、一方であくまでも一つの企業に関するニュースである以上、マクロ的にどこまで拡大解釈すべきかという点にも気を配らなければなりません。
今回も二つほど例をあげ、実際にトレーダーは企業動向に関する報道に対してどのように行動すべきなのかを学んでみましょう。

ケーススタディ4 日本の大手家電メーカーがインドに大きな工場を建てた

企業の直接投資に関するニュースです。円を売ることになりますから基本的には円安の方向に実需の力が働きます。ただし注意点が二つほどあります。
一つは外貨を「借りて」投資する場合は為替には何の影響も与えないということ。これはヘッドラインだけでは分かりませんからよく背景について調べなければなりません。
もう一つは、過剰に反応し過ぎないこと。既に円安方向へのポジションを持っており利が乗っているならその内の何割かは利食ったほうが良いでしょう。このニュースだけで新規ポジションを構築するのは控えるべきです。

ケーススタディ5 日本企業の海外工場が日本へ向けて利益を送金した

これもたまにニュース等で見かける内容です。ケーススタディ4と同様、実需系の動きですが方向的には円買いになります。
ただし、インパクト的には更に弱くなり実際に為替に対して与える影響はほとんどありませんから、このようなニュースは無視しなければなりません。
企業動向に関しては、いかに話題性やインパクトが大きいかどうかを第一に測る必要があります。個別株のトレードをしているわけではありませんから、意外性や今後にどのような影響を与えるかを的確に判断しなければならないのです。
特に拡張性については想像力を働かせるべきで、日本の株式市場全体に大きな影響を与えるネタであれば、それに基づいてリスクオフ(リスクオン)ムードが強まり結果的に円が買われたり売られたりすることがあります。

政治や中央銀行の動向に関するニュースよりも、更にイメージする力が問われるのが「企業動向に関するニュース」なのです。

関連記事

アメリカとEU以外にも重要な経済指標はある 前回はアメリカとEUに関する重要な経済指標を紹介しまし

未だベールに包まれた超大国 日本を抜き世界第二位の経済規模を持つ超大国となった中国。中国の通貨は人

投資動向と為替の関係 実需と仮需のそれぞれが為替相場に与えるインパクトについては先に述べた通りです

購買力平価と為替レートには差がある 国内バイナリーオプションで勝つためには為替に関する様々な勉強が

前回のおさらい今回はバイナリーオプショントレードにとって極めて重要と言える「トレンド」と「ボラティリ

政治的リスクについて 政治の世界において経済や金融は大変大きな存在意義を持っています。政治家にとっ

相場の動きは需給次第 国内バイナリーオプショントレードにおいて、為替の動向を見極めるのは勝利のため

短期的な動きはファンダメンタルからは掴めない今回は改めてファンダメンタル分析の使い方、向き合い方につ

ファンダメンタル分析を最大に生かすために テクニカル分析では毎日チャートをチェックすることが大前提

実需は行ったきり・仮需は行って来い 現在の相場の動きがある程度長い期間でのトレンドとなるのか、それ