国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

購買力平価ってなんだ?!

公開日:

購買力平価と為替レートには差がある

国内バイナリーオプションで勝つためには為替に関する様々な勉強が必要になります。もちろん手軽さが大きな特徴の国内バイナリーオプションですからそれほど専門的な知識がなくても十分戦えるのは間違いありません。しかし勝てるチャンスを増やすためにもできるだけ勉強を続けていたほうがいいのは事実なのです。

さて、為替の勉強をしている購買力平価という言葉に出くわすことがあります。購買力平価とはある二カ国間で一物一価が成り立つ時の為替レートのことをいいます。通貨を使って買う「物」を基準にして、その「物」を手に入れるためにはそれぞれの通貨でいくら払わなければならないのかを示しているのです。

購買力平価を使って為替レートを見る時には以下のようにします。例えばビッグマックが日本で一つ300円で売られていたとします。それがアメリカでは2ドルだったとすると1ドル=150円ということになりますが、実際の為替レートは1ドル120円だとします。すると円は30円ほど割高であると認識できるわけですね。

実際の為替レートがこの購買力平価と違うのにはいろいろな要因が考えられますが、中でも一番大きいのがインフレ動向です。インフレ率が高い国では方向性として通貨が弱くなっていく過程にありますし、デフレであればその逆になります。為替を取引する主体にもいろいろありますが値幅による利益を得ようとする者は相場の「先読み」を行うため、インフレ率の高い国の通貨は購買力平価以上に売られやすい状況となるわけです。

インフレ動向は強まったり、後退したりを繰り返します。そのため中央値として購買力平価のレートに長い目で見れば一致すると考えられます。国内バイナリーオプションで勝つための相場予測の一つの手段として購買力平価に対する認識や意識はある程度持っておいたほうがよいでしょう。これはちょっと円安が進みすぎだな、とかちょっとユーロが強すぎないか?といったときに、その確認手段の一つとして購買力平価を利用するのです。

関連記事

相場の動きは需給次第 国内バイナリーオプショントレードにおいて、為替の動向を見極めるのは勝利のため

投資動向と為替の関係 実需と仮需のそれぞれが為替相場に与えるインパクトについては先に述べた通りです

どうして中国が話題になってるの? ここしばらくのところ中国の経済状況についてのニュースがテレビや新

実需と仮需の動向を見極める 実際の為替相場と向い合う上で、いかに実需と仮需の動向を見極めるかが重要

アメリカとEU以外にも重要な経済指標はある 前回はアメリカとEUに関する重要な経済指標を紹介しまし

実需は行ったきり・仮需は行って来い 現在の相場の動きがある程度長い期間でのトレンドとなるのか、それ

アメリカは予想通りの利上げ実施! さあ、これまでいつやるんだ、いつやるんだと思われ続けていた米国の

企業の動向と為替 日々流れるニュースの中には当然、企業動向に関する物も多く含まれます。特に商社や輸

ファンダメンタル分析を最大に生かすために テクニカル分析では毎日チャートをチェックすることが大前提

前回のおさらい今回はバイナリーオプショントレードにとって極めて重要と言える「トレンド」と「ボラティリ