国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

その6.様々な投資動向と為替

公開日:

投資動向と為替の関係

実需と仮需のそれぞれが為替相場に与えるインパクトについては先に述べた通りです。今回は仮需の中でも特に影響力が大きく、且つ動きの素早いヘッジファンドや大手金融機関のディーラーに関する動向と、為替相場の関係について勉強しましょう。

彼らに関する情報で気をつけなければならないのは、外部に彼らの動向が知れ渡った時点で、彼らは積むべきポジションの大半を積み終わっている、という点にあります。つまり我々が一番避けなければならないのは、彼らの後を追いかけるようにポジションを取り、利益確定のためのお客さんにされてしまう、ということです。

膨らんだポジションは必ず閉じられる運命にあります。仮需筋が何を背景にしてポジションを取ったかによってその流れが継続するのか、しないのか、逆張るべきなのか、スルーすべきなのかが判断できるのです。

ケーススタディ6 ヘッジファンドがユーロ売り円買いポジションを膨らませている

直近の状況に照らし合わせてみると、ギリシャの債務危機問題やECBの金融政策に乗じ、仮儒筋が相場に大きなトレンドを作ろうとしていると考えられます。
このような場合、背景となっている状況はすぐには変わりませんから遅れてきた実需筋もこの流れに加わり、相場は「行き着くところまで行ってしまう」ことがままあります。

流れが反転する、もしくはユーロ売り円買いの利益確定タイミングとして間違いないのは相場がクラッシュし、当局が強引に解決策を(劇薬であっても)処方しなければならない事態となった場合です。めったにあることではありませんが、ボラティリティは一気に拡大しハイでもロウでも攻めにくくなります。このような時は敢えて方向は決めず、タッチ取引などで高いペイアウト率を狙うのがバイナリーオプショントレードとしては正しい行動となります。

ケーススタディ7 ディーラーのポジションが米ドル買いに偏っている

ケーススタディ6と近いタイプの情報です。このような情報が聞こえてきた場合、既にその方向にどの程度相場が動いているかをチェックします。

もし米ドルがもうかなり高いレベルまで上昇しているのなら、もうここから米ドルのハイでエントリーすることは避けましょう。逆にディーラーのポジション解消の影響を受けてしまう恐れがあります。
逆に米ドルが全く上昇していない場合はジッと冷静に状況を見極めるべきです。ディーラーと言えども全戦全勝ではありません。もし米ドルが彼らの意に反して下がってくれば、ポジションをクローズするために米ドルを投げ売りしてくるはずです。我々はその機に乗じて米ドルのローでポジションを取るのが正解となります。
逆に彼らの読み通りに米ドルが上昇していった場合はその流れに乗った方が無難です。ケース6のように、相場が行き着くところまで行き、米ドルを売り持ちしていた連中の悲鳴が聞こえてきた頃に利益を確定すれば良いのです。

関連記事

購買力平価と為替レートには差がある 国内バイナリーオプションで勝つためには為替に関する様々な勉強が

先日11月6日金曜日の深夜、11月の米国雇用統計が発表になりました。気になる結果は市場予想を大きく上

意外に素直じゃない?ドル円 国内バイナリーオプショントレードにおいて、最も人気が高い通貨ペアはドル

株式市場と為替相場 株式相場と為替相場は一見無関係のようではありますが、実は密接な繋がりを持ってい

アメリカは予想通りの利上げ実施! さあ、これまでいつやるんだ、いつやるんだと思われ続けていた米国の

未だベールに包まれた超大国 日本を抜き世界第二位の経済規模を持つ超大国となった中国。中国の通貨は人

実需は行ったきり・仮需は行って来い 現在の相場の動きがある程度長い期間でのトレンドとなるのか、それ

忘れちゃいけないファンダメンタル分析バイナリーオプションのトレードでは特にテクニカル分析を重視してい

短期的な動きはファンダメンタルからは掴めない今回は改めてファンダメンタル分析の使い方、向き合い方につ

2012年に民主党から自民党へと政権交代し、第二次安倍内閣が発足してからというもの、大小の波はあった