国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

その4.株式市場との関連

公開日:

株式市場と為替相場

株式相場と為替相場は一見無関係のようではありますが、実は密接な繋がりを持っています。
特に最近では為替・株価・コモディティ(原油や金、小麦等)・債券など様々な金融商品は世界レベルでとても深く、複雑に影響しあっておりどこか一つの市場に大きな変動が起きると、その影響は津波のように全世界に拡大しながら広がっていく傾向があるのです。
金融市場に限らず、複雑系の事象を理解するためには「バタフライ効果」について学ばなければなりません。バタフライ効果についてはまた「相場道場」のカテゴリーで解説致します。

ケーススタディ2 前日の米国株が暴落した

もちろん、株価が暴落した理由にもよりますが、ここでは前提として特定の企業業績が悪化し、その影響が他社の株価の下げに繋がったというあくまでも株式市場内での出来事であったと仮定します。
米国株式の下落は素直に考えれば米ドル売りに繋がります。つまり相対的に円が買われることになりそうです。しかし、日本の株価もまた米国株価の強い影響を受けると考えればそう単純にはいかないのです。
「アメリカが風邪をひくと、日本は肺炎になる」という言葉があるほどです。米国内部のトラブルであっても、日本は自国での出来事と同等、或いはそれ以上の深刻さを持って受け止めなければならないのです。

このようなケースでは円よりもユーロやポンド、オーストラリアドルといった通貨を買い、米ドルを売るのが短期的な戦術としては正しいと考えられます。ただし、あくまでもこのようなケースではそのインパクトは短期的なものに留まります。特定企業の業績悪化が長期的にアメリカの国力減衰に大きく関係するとは考えにくいからです。

ケーススタディ3 日本株が急落した

次は日本株がザラ場中に急落した場合です。今回も例えば数年前のソニーショックのようなケースをイメージして頂ければ分かりやすいと思います。
日本株が下落した場合、事態はかなり複雑になります。これも素直に考えれば円売り要因となりそうですが、市場が一斉に手持ちのポジションを手仕舞うような動きになると一方的な円買い需要が短期的に発生することになります。
このため、仮需筋の強い力によって一旦は円高に振られます。そして、その後株安の原因や株が低下したこと自体が日本の実態経済に悪影響を与えると見られれば徐々に実需によって円安傾向が強まっていきます。この時ポジションを膨らませた仮需筋は我先にと円買いポジションを解消していきますから、円高方向に思わぬ値幅が出ることも想定しておかなければなりません。

このように、短期と長期で値動きが異なることも材料によってはよくあることです。実需と仮需の力関係含めて総合的にイメージすることが大切なのです。

関連記事

既に皆さんもご存知のことと思います。フランスで起きた同時多発テロ。150人以上の死傷者が発生している

前回のおさらい今回はバイナリーオプショントレードにとって極めて重要と言える「トレンド」と「ボラティリ

実需は行ったきり・仮需は行って来い 現在の相場の動きがある程度長い期間でのトレンドとなるのか、それ

忘れちゃいけないファンダメンタル分析バイナリーオプションのトレードでは特にテクニカル分析を重視してい

アメリカは予想通りの利上げ実施! さあ、これまでいつやるんだ、いつやるんだと思われ続けていた米国の

購買力平価と為替レートには差がある 国内バイナリーオプションで勝つためには為替に関する様々な勉強が

アメリカとEU以外にも重要な経済指標はある 前回はアメリカとEUに関する重要な経済指標を紹介しまし

この夏頃から再び金融市場の動きが慌ただしくなってきました。もちろん外国為替を投資対象としている国内バ

短期的な動きはファンダメンタルからは掴めない今回は改めてファンダメンタル分析の使い方、向き合い方につ

経済指標のインパクトは織り込み具合で決まる 経済指標発表の前後では、その結果は既に織り込まれている