国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

中国経済の動向からは目が離せない

公開日:

未だベールに包まれた超大国

日本を抜き世界第二位の経済規模を持つ超大国となった中国。中国の通貨は人民元であり、国内バイナリーオプションをトレードする上では直接触れることはない通貨だと言えます。しかし、中国が世界経済に与える影響が年々強まっていることは事実であり日本や米国、欧州、オセアニアなど、様々な国と通貨の動向を見る上で中国の存在は決して無視できないのです。

変わる円との相関関係
数年前までは円が上がると元も上がり、元が下がると円も下がるという正の相関関係がありました。一説によると欧米人からすれば中国も日本も地理的な意味含めて対して代わりがなく、元にアクセスする代わりにその代替通貨として日本円を取引していたという話もあります。今となってはトンデモな理論でしたが、中国の存在がここまで強くなるまでは所詮はアジアの国同士ということで中国も日本もひとまとめにされていた時代がたしかにあったのです。

しかし、現在では中国と円の相関は大きく崩れており、日本ではアベノミクスや日銀の異次元緩和などもあってこの二つの通貨が共に同じ方向へ動く時間帯のほうが少なくなりました。ただし、中国からの影響力は無くなったわけではなくより複雑に、分かり難く変化したと考えるべきでしょう。

影の銀行シャドーバンクとは

中国の金融の動きを計る上で忘れてはならないのが「シャドーバンク」の存在です。その名の通り、影の銀行と呼ばれるこの不可思議な存在は中国の金融に強い影響を与えています。

シャドーバンクとは金融機関ではないにも関わらず金融取引を行う一般企業などのことを指し、このシャドーバンクによる貸付額の合計は今や160兆円以上とも言われているのです。

この貸し出されたお金の大半は土地開発などに利用されたと見られており、その一方で貸付られた際の権利証は理財商品として証券化され投資家達に販売されました。これはかつてのアメリカ発の金融恐慌の原因となったサブプライムローンと大変よくにた性質を持っています。もちろん中国経済がこれまで通りの右肩上がりの成長を続けていれば問題が顕在化することはないのですが、最近になってややその伸びが鈍化していることが指摘され始めるなど、いよいよ中国バブルが破裂するのでは、との懸念が高まっているのです。

中国経済がいよいよもって後退期に入ったとなればまず円が買われ、次に米ドルが買われると考えられます。欧州には現在のギリシャ問題などすぐには解決できない南欧諸国中心の債務問題が根強く、リスク回避通貨としての優先度は円・米ドルに比べるとやや劣ると考えられます。

いずれにせよ中国経済は「強くて当たり前」という固定観念がマーケットには広がっています。しかし、一旦崩れ始めればその影響力は凄まじく、それまでのテクニカル分析・ファンダメンタル分析の結果を一切無力化してしまうほどのインパクトがあることは頭にとどめておかなければなりません。

国内バイナリーオプショントレードでも、取引する通貨ペアだけでなく常に中国人民元の動きや中国経済に関する情報へのアンテナは高く張り巡らせておく必要があると言えるでしょう。

関連記事

前回のおさらい今回はバイナリーオプショントレードにとって極めて重要と言える「トレンド」と「ボラティリ

ファンダメンタル分析を最大に生かすために テクニカル分析では毎日チャートをチェックすることが大前提

投資動向と為替の関係 実需と仮需のそれぞれが為替相場に与えるインパクトについては先に述べた通りです

アメリカは予想通りの利上げ実施! さあ、これまでいつやるんだ、いつやるんだと思われ続けていた米国の

企業の動向と為替 日々流れるニュースの中には当然、企業動向に関する物も多く含まれます。特に商社や輸

忘れちゃいけないファンダメンタル分析バイナリーオプションのトレードでは特にテクニカル分析を重視してい

株式市場と為替相場 株式相場と為替相場は一見無関係のようではありますが、実は密接な繋がりを持ってい

コモディティとの関連について 為替市場は世界中の株式や債券と深い関わりを持っていますが、それはコモ

2012年に民主党から自民党へと政権交代し、第二次安倍内閣が発足してからというもの、大小の波はあった

どうして中国が話題になってるの? ここしばらくのところ中国の経済状況についてのニュースがテレビや新