国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

行動ファイナンスに学ぶ⑤

公開日:

心の会計 メンタルアカウンティング

人は皆心の中に会計システムを持っている。でもそのシステムはやや合理性に欠けているようだ。高い金利のローンを組む一方で低い金利の預金高を維持しようとする不思議。ある夫婦は自宅の新築に35年ものローンを組みながらその一方でコツコツと貯金も増やした。結果的に金利で100万円近くも損失を出しているにも関わらず彼らの笑顔はとても眩しい。

お金にはラベルは貼られていない。お金に名前を付けるのは人間の勝手な特性だ。「これは家のローン用、こっちは老後の貯蓄用、あっちは…」気持ちは分かる。そうするととても分かり易い(そうなった気がする)から。

人は前払い・後受け取りを好む

人は予算を組むのが大好きだ。これをメンタルバジェット(心の予算)と呼ぼう。心の予算はコストとその対価である利便性を様々な形で天秤に掛けることによって成り立つ。これは金額だけではなく、その支払い方、受け取り方にも大きな影響を与える。

例えばあなたの家のテレビがぶっ壊れたとしよう。N●Kが見られないのはまあいいとして月9と妖怪ウォッチが映らないのはマズイ。嫁と息子からなんて言われるか考えただけでも憂鬱になる。そんなわけで早速近所の大型電器店へと急ぐわけだが、ここで二通りの支払い方を選ぶことになる。

1.まずお金を10回に分けて支払い、その後テレビが自宅に届く
2.まずテレビが自宅に届き、その後支払いを10回に分けて行う

この条件で1を選ぶ人間がいるだろうか。あなただって絶対2を選ぶでしょ?
新しく来るテレビの耐用年数が同じだとしても(つまり早く届けば早く壊れる)やっぱり2を選ぶはずだ。これは伝統的経済理論と一致している。つまりメンタルバジェットによってコストと利益の関係を測った結果、最も自分にとって合理的な選択ができたということだ。

では次のようなシチュエーションではどうだろう。
あなたは大切な彼女と10日間のフランス旅行を計画している。必要な費用は込み込みで約70万円。片道11時間の空の移動はちょっと苦痛だがそれでも旅行は楽しみで今からワクワクしている。
さて、このような場合あなたは次の1と2のどちらを選択するだろう。

1.まず70万円を先払いし、それから旅行に出かける。
2.まず旅行に行く。その後70万円を10回に分けて支払う。

どうだろう。今度は1を選ぶという人が結構多いのではないだろうか。実はこの質問も伝統的経済学に則れば人は2を選択するはずなのである。「貨幣の時間的価値」に基づいて合理的に考えれば2が選ばれて当然という意味だ。

耐久消費財であるテレビは長い期間に渡って我々に利益を与えてくれる一方、旅行というイベントは極めて短時間だけの楽しみである。この短時間の楽しみに対し後から延々と支払いを行うのを人は非合理的にも関わらず嫌うのである。

もっと分かり易い例を挙げよう。あなたが毎月受け取っている給料がそうだ。
人は給料を後払いで受け取る。前払いでもらう人は極めて少数のはずだ。
あなたが、来月から半年間働くとして、給料を前払いで受け取りたいだろうか?それとも後払いで受け取りたいだろうか?
調査の結果、約7割の人が後払いを選ぶことが分かっている。特別な理由がない限り(貯金もないのにフランス旅行に行くとか)お金を受け取ってから働くのは嫌だという人が多いのだ。もちろんこれも合理的ではない。利益を最大化するためには対価は常に先に受け取り、コストの支払いは後にするべきなのだ。

負債は回避したい

つまり「貸し」をつくるのを人間は嫌がるのだ。長く使える物には長い期間かけてお金を払ってもいいが、一瞬で利益を受け取ってしまうもの(旅行とか給与)については先にコストを支払ってしまいたいのである。
繰り返しになるが、これは合理的ではない。そしてこの特性はトレーディングにも多大な影響を与える。

次回はメンタルアカウンティングが与えるトレーディングへのマイナスの効果について勉強しよう。人は投資対象に勝手にラベルを貼り付け無理やり意味を持たせようとする。

関連記事

動く経済指標を利用して効率よくトレードバイナリーオプションは言わずもがな為替相場の動きによって利益を

おさらい  前回、人間は心の予算(メンタルバジェット)のバランスをとるため、コストと利便性を様々な

「慣れ」とは。よく知っているものほど勝ちやすい? ここにコインが二種類あるとしよう。一つはお馴染み

行動ファイナンスとは 「人は合理的に行動する」 「人間は偏見など持たない」 「全ての情報は瞬時に全

自信過剰の恐怖 ある有名な調査(アンケート)がある。 「あなたは優秀なドライバーですか?街で見かける

行動ファイナンスに学ぶ ここまでを振り返ってみよう! 認知心理学や行動心理学を発展させ、実際のトレ

代表性とは 人間はある物の部分的な特徴から全体を推測し効率よく思考よショートカットする術を持ってい

人間は後悔を恐れる 前回は、いかに人間が自信過剰であるか、そして自信過剰であるとトレードを行うにあた

FXはなんの略? 国内バイナリーオプションともとても関連の深いFX。同じ外貨を扱うトレードとして元

国内バイナリーオプションで勝てない人のまとめ これまで6つのパターンで国内バイナリーオプションのト