国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

その1.ファンダメンタル分析とは

公開日:

忘れちゃいけないファンダメンタル分析

バイナリーオプションのトレードでは特にテクニカル分析を重視している方が多いと思います。テクニカル分析は足下の未来を予想する能力に長けていますから、目先のトレードの事だけを考えれば確かに効率が良いのは間違いありません。
しかし、それでも敢えてファンダメンタル分析は必要であると声を大にして言いたいのです。
ファンダメンタル分析を行うことにより、現在どのようなメカニズムで為替レートが動いているのか、そして長期的なトレンドがどう展開されていくのかを実体経済を背景として深く理解することができます。つまり、自分独自の骨太の方針を確立出来るためテクニカル分析最大の弱点である「だまし」に振り回されるのを大幅に減らすことができるのです。

テクニカル分析とファンダメンタル分析は言わばタイヤの両輪のようなものです。初心者のうちは確かにテクニカルの方に目を奪われがちですが、勝ち組ベテラントレーダーの中でファンダメンタルを疎かにしている人はほとんど存在しないのです。

なぜ為替は動くのか。そして景気やインフレ状況は何を見て、どう考えれば読めるのか。

これから一つ一つ理解していきましょう。

相場はなぜ動く?

根本的な疑問ではありますが、相場はどうして動くのでしょうか。具体的な材料やその反応に関する知識を付ける前に、為替が何故動くのかという最も基本的な部分を簡単に勉強しておきましょう。

相場というのは当然買い手と売り手が出会った値段でレートが決定されます。そして、実はここには「買い」・「売り」以外にもう一つの見方、「実需」と「仮需」が存在するのです。

実需というのは買い切り、売り切りを行う者たちのことです。輸出入業者やその間を繋ぐ商社、小さな意味では渡航先で通貨を物やサービスへと変えてしまう海外旅行者も含まれます。
一方、仮儒というのはいずれポジションをカバーすることを前提とした為替売買を行う者たちのことです。金融機関やヘッジファンド、個人のFXトレーダーもこの仮需に含まれます。買ったものは近いうちに売るし、売ったものはそのうち買い戻すという人達です。

つまり、実需と仮需の違いは「ポジションを保有する期間の長さ」ということになります。そして、この期間の違いが為替相場の動向に大きく影響を与えるのです。

例えば、米ドル円相場で実需の買いと仮需の売りが110円で1億ドル分出会ったとします。買い手は円を売りドルを買ったわけですが、このドルは米国から何か物を輸入するために使われ、その後この実需筋はドルを売り払って円を買い戻すという行動は起こしません。ドルを買い切って終わりになります。

では、その一方でドルを売り円を買った仮需筋はどうでしょうか。彼らはこの時作ったポジションをいずれ解消しなければなりませんから、近々ドル買い円売りというトレードを行います。そして、そのためには新たにドルを売ってくれる相手を見つけなければなりません。つまり「買い戻さなければならない」という事情が相場に生まれるわけです。もちろん、更にこの取引の相手になった者が同じく仮需筋であった場合は連鎖的にドル買い・円売り需要が発生し続けることになります。これがポジションの保有期間が相場に大きな影響を与えるということの意味なのです。

相場の大きな流れを見極める上で、買っているのは誰なのか?売っているのは誰なのかを読むことが非常に重要であるというのがうっすら理解して頂けたかと思います。

次回は実需と仮需そして、トレンドとボラティリティについてもう少し突っ込んで勉強してみましょう。

関連記事

コモディティとの関連について 為替市場は世界中の株式や債券と深い関わりを持っていますが、それはコモ

ファンダメンタル分析を最大に生かすために テクニカル分析では毎日チャートをチェックすることが大前提

アメリカとEU以外にも重要な経済指標はある 前回はアメリカとEUに関する重要な経済指標を紹介しまし

経済指標のインパクトは織り込み具合で決まる 経済指標発表の前後では、その結果は既に織り込まれている

実需は行ったきり・仮需は行って来い 現在の相場の動きがある程度長い期間でのトレンドとなるのか、それ

未だベールに包まれた超大国 日本を抜き世界第二位の経済規模を持つ超大国となった中国。中国の通貨は人

実需と仮需の動向を見極める 実際の為替相場と向い合う上で、いかに実需と仮需の動向を見極めるかが重要

この夏頃から再び金融市場の動きが慌ただしくなってきました。もちろん外国為替を投資対象としている国内バ

既に皆さんもご存知のことと思います。フランスで起きた同時多発テロ。150人以上の死傷者が発生している

政治的リスクについて 政治の世界において経済や金融は大変大きな存在意義を持っています。政治家にとっ