国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

移動平均線①

公開日:

基本中の基本 移動平均線

前回までのローソク足分析やその分析手法である酒田五法と並び、テクニカル分析の基本中の基本と言えるのがこの移動平均線です。取引ツールやチャート分析ツールなどのほとんどに標準で装備されており、その他ネット上にあるたくさんの相場関係のサイトにも極当然のように表示されています。移動平均線の見方は大して難しくはありませんが、知らないでいると大きなハンディを追ってしまうほど重要なものです。これから2回に渡って移動平均の解説を行いますから、必ずマスターするよう頑張りましょうね!

では、そもそも移動平均線とは一体何なのでしょうか。移動平均線とは一定期間に渡る相場の終値(これは日足でも1分足でも同様です)の平均値を算出しチャート化したものです。例えば「5日間移動平均線」を算出する場合は直近5日前からの日ごとの終値の平均値を用います。つまり、5日前から1日前の平均値、2日前から6日前の平均値、3日前から・・・というような形ですね。

移動平均線は、まず大きなトレンドや相場の流れを掴むため。そしてトレンドの転換点を掴むために用います。ピンポイントで売買のシグナルが出る分析方法ではありませんが、まず全体の動きを知るためには最も利用価値の高い分析手法なのです。

「だまし」は理由が分かれば怖くない

移動平均線を利用した分析手法は大きく分けて二つ。その一つ目が「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。これは短期の移動平均線と長期の移動平均線を二本同時にチャート上に描画し、行う手法です。日足であれば短期線を5日、長期線を20日などに設定するのが一般的です。バイナリーオプションの場合は10分と60分程で長短に設定すると良いでしょう。

ゴールデンクロスとは長期線がやや右肩上がりに上昇している時に、その長期線を下から上に短期線が追い抜いた場合を言い、逆にデッドクロスは長期線が緩やかに下降している時に上から下に短期戦が抜いた形を言います。

それぞれゴールデンクロスは上昇シグナル、デッドクロスは下落シグナルとなるのですが実はこのシグナルには「だまし」も多いのです。つまり、ゴールデンクロスしたのにそこが天井となってしまい、反対に下落してしまうなどの現象が少なからず見られるというわけです。

実はゴールデンクロス・デッドクロスシグナルはとても有名であるため、実際にクロスする前に多くのトレーダーがポジションを仕込んでしまうんですね。特に相場が上下に荒れているケースなどではこのような「だまし」が頻発してしまいます。クロスは少し長い目で見ると間違いなくそちらにトレンドが発生していることを表しているのですが、現実のトレードではクロスだけに頼らず複数のテクニカル分析を組み合わせるなどの追加措置が必要となります。

売買シグナルの見分け方

移動平均線を利用した分析手法のもう一つは「グランビルの法則」と呼ばれるもの。これは移動平均線と実際の為替レートの変動を法則化したもので、以下のようなパターンに分類されます。

ma-01 

1.相場が移動平均線を下から上に抜いた(買い)

2.上昇している移動平均線を相場が一旦下回ったものの
  すぐに上抜いた(買い)

3.上昇中の移動平均線を相場が常に上回っている(買い)

4.下落している移動平均線を相場が極端に下回った(買い)

5.相場が移動平均線を上から下に抜いた(売り)

6.下落している移動平均線を相場が一旦上回ったものの
  すぐに下抜いた(売り)

7.下落中の移動平均線を相場が常に下回っている(売り)

8.上昇している移動平均線を相場が極端に上回った(売り)

グランビルの法則を頭に入れながらチャートを見ると、これまでより遥かに深くトレンドを認識することができるはずです。

次回、移動平均線②では、EMAを補助的に使う方法も解説します!

関連記事

勝っている人の習慣をマネしよう 国内バイナリーオプションで勝っている人、儲かっている人というのは総

先行スパンで未来を感じよう 前回は転換線と基準線の使い方や見方についてざっくり説明しました。今回は

江戸時代に開発された酒田五法 日本独自の相場表現技法であるローソク足の歴史は古く、過去の先人達によ

ボリンジャーバンドとはボリンジャーバンドは統計学の応用から生まれたテクニカル分析手法です。ボリンジャ

時間軸がブレては戦略は立てられない 相場の上下を予測する、基本的にはそれだけで勝ててしまう国内バイ

通貨ペアは二つの力関係だけでは動かない 強い通貨と弱い通貨、当然このような通貨ペアの組み合わせでは

前回のおさらい 前回は、移動平均線とは何であるのか、そして移動平均線を使ってどのような相場分析を行

テクニカル分析はとても数が多いですよね。ローソク足一本からでも分析はできますし、トレンドラインやボリ

売買タイミングの精度を上げるために 国内バイナリーオプショントレーダーの多くはモニターの上にいくつ

トレンドの重要性為替の値動きを掴む上で最も重要なのがトレンドに対する認識です。トレンドとは一定以上の