国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

国内バイナリーでは時間軸をどう考えるか

公開日:

時間軸がブレては戦略は立てられない

相場の上下を予測する、基本的にはそれだけで勝ててしまう国内バイナリーオプションですが、実際にトレードした経験のある方であれば分かると思いますが突き詰めれば突き詰めるほど、そう単純な話ではないことが分かってきますよね。

コインの裏表で決めても勝率は5割に収束してくるのがバイナリーオプションの良いところではありますがそんなことを続けていてもなかなか大きな利益を得ることはできません。やはりテクニカル分析やファンダメンタル分析などを使って相場の行方を予測する能力を磨かなければならないわけです。

中でも様々なインジケータを駆使するテクニカル分析はバイナリーオプションに極めて有効です。バイナリーオプションでは最大でも二時間程度先の未来の予測になりますから、必要となるのは極めて短い時間軸での分析能力です。ただ、ここで気をつけなくてはならないのが「分析用の時間軸を自分の都合で勝手に変えないこと」です。まず先に「上昇するのではないか」「上昇するはずだ」「上昇しなければおかしい」と強い先入観を抱いて分析を開始したとします。すると例えテクニカル分析の結果が自分の予測を裏付ける物でなかった場合、多くのトレーダーは分析するための時間軸を引き伸ばしたり、逆に短くカットして余計な部分を排除しようとしたりするのです。

システムトレードのロジックを作った経験のある人ならわかるかもしれませんが、これはオーバーフィッティングと同じことで、自分の信じたい未来に合わせた結果を強引にテクニカル分析に求めようとしているに過ぎません。当然のことながらこんなことをして「よし、やっぱり上昇サインが出ているな」などと判断しても全く意味がないことなのです。
先ほど書いた通り、国内バイナリーオプションで必要なのは二時間程度の相場予測です。ですからチャートに表示させる足の長さとしては10分足か30分足が適当でしょう。そして例えば10分足で分析するんだ!と決めたら全てのテクニカル指標に関して10分足で見ることを厳密に守る必要があります。繰り返しになりますが、10分足だと思ったような結果にならないから30分足に変えてみよう、というのは絶対にNGな行為ですよ!

メインとサブ 二つの時間軸

テクニカル分析に使う時間軸は絶対に変えてはならない。確かにその通りなのですが実はこれだけだと柔軟性に欠けるのも事実です。そこで上級者はメインの時間軸は常に固定しつつも、同時いくつかのサブ的な時間軸を設定し適宜それらをうまく使い分けているのです。

例えばメインを10分足でみながらも、短期的な極めて戦術的(戦略的ではなく)な部分については1分足でチェックする、という人もいますストキャスティクスやMACDなどでエントリーのタイミングを正確に計ろうと考えるトレーダーにはこのタイプが多いですね。

また逆にもっと長期的な時間軸を見たい、という人は一目均衡表などを日足でチェックするというケースもあります。

以前別の項でも書きましたが、全てのテクニカル分析手法を完璧に身につける必要などありません。自分の感覚にマッチする分析指標と上手く付き合っていくことが大切なのです。今回は時間軸の考え方について上級者やベテランの考え方をご紹介しました。テクニカル分析は決して万能なものではありませんが上手く使えば大きな武器になります。時間軸をしっかり管理して更なる成績アップに繋げてください。

関連記事

ストキャスティクスは過去の高値・安値を参考値として使うストキャスティクスは「統計的な」という意味のテ

前回のおさらい 前回は酒田五法の概要や、三山について解説しました。三山は視覚的にパッとイメージし易い

テクニカル分析はとても数が多いですよね。ローソク足一本からでも分析はできますし、トレンドラインやボリ

先行スパンで未来を感じよう 前回は転換線と基準線の使い方や見方についてざっくり説明しました。今回は

テクニカル分析って何? テクニカル分析とは過去の相場の値動きを解析し、これから先どのような未来が待

江戸時代に開発された酒田五法 日本独自の相場表現技法であるローソク足の歴史は古く、過去の先人達によ

勝っている人の習慣をマネしよう 国内バイナリーオプションで勝っている人、儲かっている人というのは総

トレンド分析の初歩 ローソク足相場の動きを見る場合、最も一般的な情報が四本値です。これはある期間中の

前回のおさらい 前回は、移動平均線とは何であるのか、そして移動平均線を使ってどのような相場分析を行

波動の動きから相場を読む エリオット波動とはフィボナッチ数列を利用した相場分析手法です。フィボナッ