国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

口座開設前に知っておくべき国内バイナリーオプション業者の特徴

公開日:

国内バイナリーオプション取引業者の特徴について、口座開設して実際のトレードを開始する前に把握しておく事は、後々のトレードにとってとても重要です。

国内バイナリーオプションを始めるにあたって、押さえておきべきその特徴についてご紹介していきます。

バイナリーオプションを始める場合、まずは大きな選択肢をクリアする必要があります。

それは、海外バイナリーオプション業者を利用するか、国内バイナリーオプション業者を選ぶか、というもの。

まずは海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプション業者の特徴について明確にしておきましょう。

 

◇海外バイナリーオプションの特徴とその傾向

・業者の数が多い。

・取引方法の種類が多い。

・取引銘柄数が多い。

・短期取引ができる。30秒で結果が出る30セカンド、60秒後にオプション代金の倍の利益を手にできる60セカンド、2分、5分など、短期で結果がでる取引が可能。

・業者の信頼性は、その業者や所属する国、ライセンス発行母体によって様々であり、詐欺的な業者から優良業者まで大きな差と幅がある。

・顧客資金の管理方法が分別管理、一部信託保全、完全信託保全など、各業者によってまちまちであり、業者の破綻に際して、一切資金が戻ってこない条件であったり、逆に主要銀行によって保護される場合があるなど、業者毎に預け入れ資金の安全性が異なる。

・トラブルが発生した際、有効な相談窓口が無く、泣き寝入りしなければならなくなる可能性が高い。

・海外バイナリーオプション自体が、金融庁が認めていない金融商品取引業にあたるので、取引で得た利益は雑所得となり、最大で利益の半分以上が課税額となる場合がある。

 

◇国内バイナリーオプション業者の特徴とその傾向

・業者の数は10数社に限られる。

・取引方法は多くの業者でラダーオプションのみとなっている。

・一般的に取引銘柄数が少ない。

・短期取引ができない。回号といわれる取引時間が設定されていて、約2時間に1回開催される取引時間の範囲で取引を行う。ただし、回号終了の2分前などでもオプションの購入は可能であり、その場合は実質短期取引となる。その場合は利益率が低くなる。

・全ての業者が厳しい条件をクリアして金融庁の許認可を得ているため、信頼性が高く、預け入れた資金は信託保全により完全に保護される。

・トラブルが発生した場合、消費生活センターや金融庁など、相談できる公的機関や、仲介する弁護士等がいるので、安心感がある。ただし、トラブル自体がほどんど発生しない。

・先物取引と同じように、税制面では申告分離課税となるため、納税金額は一律約20%であり、海外バイナリーオプションと比べて大きなメリットがある。

 

以上が海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプション取引業者の違いです。海外バイナリーオプションは自由度が高いが、信頼性や税制面で不利な点があり、国内バイナリーオプションは取引の自由度はやや低いが、信頼性や税制面では完全に有利な状態となっています。

投資を行う場合に最も重要なのは、自己資金喪失のリスクを最低限に押さえることなので、その観点では、日本人のトレーダーなら、国内バイナリーオプション取引業者という選択以外とるべきではないと言えるでしょう。

では、国内バイナリーオプション業者が複数ある中で、それぞれの業者の特徴というものが、どういったものがあるでしょうか。

国内バイナリーオプションでは、海外バイナリーオプションほど業者間の違いは大きくありませんが、中には、取引方法や取引銘柄、情報ツールの有無、その他の取引環境などで各社ともサービスの特色を出しています。

それぞれの特徴は、次の様なものがあります。

 

・取引方法の種類。ラダーオプションのみか、タッチオプションやレンジオプションが利用できるかどうか。

・取引銘柄の数。主流は先進国の為替通貨ペア3~5種類程度だが、株価指数や商品先物等を含め、多くの取引銘柄を用意している業者もある。

・1取引単位毎の金額や、1回の取引で購入できる取引単位が違う。(最小・最大取引金額に違いがある。)

・未来チャートなどの取引の判断に利用できる情報ツールを無料で提供している業者や、トレードの成績を公開できる機能を利用できる業者などがある。

・無料で投資に関する情報の速報やニュースを提供している業者がある。メール送信サービスなども用意されている。

・バイナリーオプション口座と、株式や先物等の口座間で、同一の証券会社であれば資金の移動が容易にできる場合がある。また、口座開設についても、株式などの口座を持っていれば、開設の手続きを短縮できる場合がある。

 

以上が、国内バイナリーオプション取引業者それぞれの違いや特徴が現れる部分です。

どの業者を選ぶかによって、その後のトレードスタイルに影響を受ける事になるので、できるだけ情報を集め、時にはデモ口座なども利用しながら、あなたにとって最適な業者で口座を開いていただきたいと考えています。

 

関連記事

頼りになる超大国 アメリカ 世界の基軸通貨米ドル。当然のことながら超大国アメリカの通貨です。アメリ

国内バイナリーオプションを始める際に、デモを利用する事は、実はかなり重要です。国内バイナリーオプショ

国内バイナリーオプションという投資方法には、デモ環境が準備されています。ですが、積極的に利用する人も

最近、国内バイナリーオプションの人気が急上昇してきており、FXプライムの参入など、業界を賑わすニュー

初心者必見!選べる外為オプションのよくある疑問点 前回は取引ツールや分析ツールに関する疑問点を中

投資初心者に特に人気が高い国内バイナリーオプション。その人気を支えているのは、初心者でも高い利益を手

本日の結果 月曜日は様子見スタート 皆様、相場お疲れ様です。習近平さんの米国訪問も終わりなんとなく

ジョイトレード その評判とは最近売り出し中のジョイトレード。後発組の海外バイナリーオプション業者の中

近頃、国内バイナリーオプションの人気が高まり、それにともなってネットで国内バイナリーオプションについ

国内バイナリーオプションが最近では市民権を得つつあります。特に、投資初心者層からの支持が厚いのが国内