国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

比較、株式投資と国内バイナリーオプションどちらが儲かる?

公開日:

何事にも「先行者利益」というものがありますが、国内バイナリーオプションも今やその様な状態にあります。しかし、先行者利益を得られる時期も、国内バイナリーオプションの人気の広がりとともに短くなっていきます。「あわてる乞食はもらいが少ない」ということわざがありますが、投資の世界では「あわてる金持ちはもらいが多い」が常識。賢明かつ迅速な状況判断があってこそ投資の世界では利益を稼ぐことができるからです。
さて、今ネット上の口コミでの評価や評判でも話題になっている国内バイナリーオプションですが、その魅力は他の投資と比較してどういった部分にあるのでしょうか?
今回は、特に初心者の視点をもって、株式投資と国内バイナリーオプションを比較してみたいと思います。
まず、株式投資の特徴を上げてみましょう。

・初期投資資金:数十万円から
・取引銘柄:数千銘柄
・利益確定の期間:投資スタイルにもよるが平均して数週間から数ヶ月
・リスク:倒産のリスク、世界恐慌、○○ショックのリスク
・投資判断:投資銘柄の財務情報、経営計画の他、地合(マクロ経済)の判断が必要
・インサイダーの被害:可能性有り

株式投資では、取引単位当たりの必要金額が数十万円という場合が多いです。中には数百円で購入できる株もありますが、そういった株は低位株といって、パフォーマンスが良くない場合が多いです。また、ミニ株などの制度で、通常の1/10ほどの資金で購入できる制度もありますが、それを利用すると、購入や売却時に制限がかかり、思ったタイミングで取引できない場合もあります。
取引銘柄は、上場している株式だけでなく、最近では株価指数ETFやREITにも投資できるので、かなりの範囲をカバーでき、リスクヘッジや、全体相場が不調でも上昇するセクターや銘柄があるので、これにはかなりの自由度があります。ただし、自由度がある反面、その数千ものなかから選び抜かなければならないので、銘柄選定が大変といえば大変です。
ベストな銘柄を選定するためには、全ての銘柄をスクリーニングする必要があるので、じっくり腰を据えて戦略を練りたい人向きになるでしょう。
また、利益確定までの時間についても、基本的には会社の財務状況が動く3ヶ月単位、またはマクロ経済の動向次第になるので、自分ではコントロールできない部分があります。
また、先述したように銘柄選定が重要なので、人間ができる作業量から考えても、利益確定の期間は長くなる傾向があります。その分投資金額を増やすことで、利益率を確保するわけです。
ただし、そうなると初期投資費用が多くなるということも意味します。
リスク面では、株式投資には多大なリスクが存在します。まず、倒産のリスク。また、該当銘柄の会社が犯罪を犯した場合などの上場廃止リスク。JALやライブドアの様に、株券が文字通り紙くず(今は電子化されていますが)になります。数百万円という資産が、一夜にしてゼロになる可能性があります。
また、会社が脱税したり、社長が逮捕されたりといったことは、トレーダー側でコントロールできないリスクです。
そして、株式投資の目立たないですが、最大のリスクはインサイダーの被害に遭いやすいこと
例えば、会社が倒産しそうな時に、その情報を内部で知ることができる人間が株を売り抜けたりします。それらは明確な犯罪行為なのでストッパーが働くからまだ良いのですが、例えば大手証券会社などは独自の情報ルートを持っていて、インサイダーではないのですが、ほぼインサイダー的な取引が可能です。
個人投資家の場合は、相手が有利な土俵で戦うことになるので、勝つのが難しいといわれるのです。
以上から、投資判断についても、複雑な判断が求められるわけです。
上記事項を全て考慮し、資金を失うリスクを考慮しながら戦わなければならないのが株式投資なのです。
次は、国内バイナリーオプションの分析といきたいところですが、あまり長くなってしまうと読みにくいと思いますから、次回に譲りたいと思います。

関連記事

システムトレードってなんだ? FXの経験がある方ならご存知かもしれませんね。システムトレードとはあ

今回はちょっと趣向を変えた記事になります。実はここ最近国内バイナリーオプション絡みで新しい人間関係や

勝利への急所となるオーバーシュート 為替に限った話ではありませんが、マーケットにオーバーシュートは

国内バイナリーオプションは、初心者でも勝てると評判の投資商品として有名です。しかし、本当に国内バイナ

お金は自分で守らねば誰も助けてはくれない お金に関しても「自己責任」が強く問われる時代となってきま

国内バイナリーオプションは、日本で正式な投資として行える投資法のなかでも、比較的初心者向きだといわれ

国内バイナリーオプションで利益を稼ぎたいと考えているあなたへ、おすすめの手法についての情報を提供しま

今年4月から国内バイナリーオプションに再度参入したFXプライムの選べる外為オプション、あなたはすでに

国内バイナリーオプションで継続的に勝てるようになったら、どのような変化が起きるでしょうか?現在、投資

本日の結果 2日連続中国人民元切り下げも… 皆様、相場お疲れ様です。今日もなかなか濃い一日となりま