国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

8通貨取引が魅力のオプトレのデモを試してみた

公開日:

本日ご紹介するのは、8通貨取引で有名となっている、オプトレのデモ取引についてです。
オプトレといえば、ヤフーグループが経営するYJFX社が提供する国内バイナリーオプション取引サービス。
今回は、そのオプトレのデモ口座での取引に関する情報を詳しくレポートします。
オプトレは、国内バイナリーオプション取引業者であるYJFX社が提供するサービスだけあって、ヤフーグループならではとも言える充実した機能と、ユニークな機能、利用者の意見を進んで取り入れてサービスを向上させていく事でも有名です。
そんなオプトレが提供するデモ取引について細部を確認しましょう
オプトレのデモ取引の始め方は、とても便利でしかも簡単に行う事ができるので、初心者の方でもご安心下さい。
オプトレの利用を検討しているという方や、口座を開設した後に、実際のお金を使ったトレードを行う前に仮想の資金で練習をやりたいという方には是非使って頂きたいです。
では、実際の使い方について画面の表示を確認しながら、その便利さや利用し易さをお伝えしていきます。
使い方はいたってシンプルで、準備は全くと言って良い程不要です。
デモ口座を利用するためには、オプトレのトップページに移動して、上の方にある「デモ取引」というボタンをクリックするだけで開始できます。
画面が移動し、オプトレの取引ツールが利用可能な状態になっています。
この時点でデモトレードを開始できる状態になっています。
ここから、すぐにトレードを開始できます。
まずは、最上部に並んでいる項目から、取引したい回号(時間)を選びましょう。
次に、その下の段にある取引銘柄から、取引したい通貨を選びます。
この時、「ALL」を選択すると、国内バイナリーオプションで唯一オプトレだけが採用している8通貨全ての比較チャートを使う事ができます。
このチャート機能は、トレードチャンスを見つける為に非常に便利ですので、是非使い方をマスターしておきましょう。
次は、実際にデモでの注文を行っていきます。
注文パネルに表示されている目標レートを選択し、コール(上昇)もしくはプット(下降)を判断して選択します。その後に購入するチケット枚数(口数)を決め、購入ボタンを押す。これでデモ取引がスタートします。如何でしょうか?初心者でも簡単に始める事ができるということがご理解いただけたと思います。
もちろん、判定時間までまたなくとも、チャンスがあれば途中売却もリアルのトレードと同じように決済できます。
以上ご紹介した様に、オプトレのデモ取引は準備不要ですぐに使えますし、オプトレしかない独自の機能もデモで体験できますので、是非使ってみて頂きたいと考えています。

関連記事

今回ご紹介していくのは、オプトレの取引方法とその評価に関する情報です。 オプトレは、ヤフーグループ

今、国内バイナリーオプション取引業者の中でも特に初心者から人気が高くなってきているオプトレについての

今回ご紹介していくのは、オプトレでの口座開設です。 オプトレと言えば、ヤフオク等で有名なヤフーグル

今回は、オプトレのバイナリーオプション取引攻略についてレポートします。 オプトレといえば、国内バイ

今回の記事では、オプトレでのiPhoneを活用したトレード術についての情報を提供します。 オプトレ

今回特集するのは、ヤフーグループのYJFX社が提供するバイナリーオプションサービスである「オプトレ」

国内バイナリーオプションの2014年の振り返りについて。 国内バイナリーオプションにとって今年はど