国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

オプトレの取引方法とその評価とは

公開日:

今回ご紹介していくのは、オプトレの取引方法とその評価に関する情報です。
オプトレは、ヤフーグループが運営するYJFX社が提供するバイナリーオプション取引サービスです。
今回は、そのオプトレの取引環境と評価についてレビューしていきます。
対象となるのは、特にバイナリーオプション初心者であるあなた。
分かり易い様に説明していくので、是非ここで疑問点を解消していって下さいね。
最初に、親会社であるヤフーグループについて。
説明は不要かもしれません。有名な孫正義会長が率いる日本の企業の中で最大の情報通信関連会社を運営している企業グループです。
何故、企業情報を最初にお伝えしたかというと、これがオプトレの信頼性や、取引環境の良さにも繋がっているからです。
まず、企業グループとしての資金力が莫大なので、オプトレ自体の資金面・運営面・技術開発力に関する信頼性については、折り紙付きと言えるでしょう。
さて、そのオプトレが採用している取引方法ですが、それはヨーロピアンタイプのラダーオプション。現在の国内バイナリーオプション取引業者の間では最も標準的な取引方法です。
この取引方法は、ルールは単純ですが、ペイアウト倍率は良いので、ベストチョイス。
その判定までの時間は2時間で、各通貨1日11回号が実施されます。
ペイアウトは、1000円固定となっており、オプションの購入金額は最低10円から可能です。このオプションの購入金額の敷居の低さは初心者にとってはありがたく、数ある国内バイナリーオプション取引業者の中でも特に低く設定されているので、評価できるポイントですね。
もしも10円で購入したチケットがペイアウトしたら、なんとペイアウト率は10000%となり、利益が100倍になるということです。ただ、こんな状況はほぼ起こりえないでしょうが、可能性としてはこれくらいあると考えていただければと思います。
オプションのチケットは1口単位となっていて、100単位まで購入可能、10万円規模の取引が可能。
選択できる取引銘柄は、主要な為替通貨ペアから8種類となっており、これは他の国内バイナリーオプション取引業者の標準以上で、かなりの自由度の高さがあります。
オプトレの取引環境の中でも最も高く評価できる点でもあります。
また、当然損切りや利益確定に活用出来る転売も可能というシステム。
以上がオプトレの取引環境とその評価ですが、全体的に見ても、他の国内バイナリーオプション取引業者と比較して引けを取る部分はなく、逆に優れているポイントが多いです。
後は、あなた自身にとって取引ツールが向いているか、指標発表時等の実質ペイアウト率がどのようになるかといった点が判断要素でしょうか。
いずれにしても、現在人気が上昇中であるのは事実ですし、今後の展開が楽しみな業者でもあります。

関連記事

今回ご紹介していくのは、オプトレでの口座開設です。 オプトレと言えば、ヤフオク等で有名なヤフーグル

今回特集するのは、ヤフーグループのYJFX社が提供するバイナリーオプションサービスである「オプトレ」

今、国内バイナリーオプション取引業者の中でも特に初心者から人気が高くなってきているオプトレについての

本日ご紹介するのは、8通貨取引で有名となっている、オプトレのデモ取引についてです。 オプトレといえ

今回の記事では、オプトレでのiPhoneを活用したトレード術についての情報を提供します。 オプトレ

国内バイナリーオプションの2014年の振り返りについて。 国内バイナリーオプションにとって今年はど

今回は、オプトレのバイナリーオプション取引攻略についてレポートします。 オプトレといえば、国内バイ