国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

国内バイナリーオプションの2014年を振り返ってみた

公開日:

国内バイナリーオプションの2014年の振り返りについて。
国内バイナリーオプションにとって今年はどのような変化が起こったかを振り返りたいと思います。
まず、大きな事項として、昨年末に施行されたバイナリーオプション規制にともない、各社がサービスをリニューアルし、そしてその新しい取引が市場やトレーダーに浸透していったことをあげることができるでしょう。
昨年の時点では、バイナリーオプション規制により、10分等の短時間での取引が制限されてしまうことを悲観する向きが多かったです。また、規制以降の主要な取引方法であるラダーオプションに対する失望や情報不足からくる不安が寄せられていました。
その結果、日本の国内バイナリーオプションは顧客が減少し、バイナリーオプション取引自体が低調になるということを予想する人までいました。
しかし、蓋を開けてみれば、事前に想定されていたよりも遙かにスムーズに新基準のバイナリーオプション取引が普及したという印象をあなたも感じたのではないでしょうか?
当初は、ラダーオプションという取引方法に懐疑的だったトレーダーも、使い方によっては、規制前の取引よりも高いペイアウト率が狙えることもあって、心配されていた様な、「トレーダーのバイナリーオプション取引離れ」は起こりませんでした。
また、ラダーオプションが浸透して行くにつれ、その攻略法の研究も進み、両建て戦略や、それを使ったレンジオプションの合成などについても情報が交換され、国内バイナリーオプション業界自体も以前の活気を取り戻しました。
2つ目のニュースとしては、YJFX社が提供するオプトレの躍進でしょう。
ヤフーグループが、サイバーエージェント社から会社を買収し、今年度からYJFX社としてブランドを確立しました。
さすがヤフーグループの経営ノウハウが生かせる環境にあることもあり、8通貨選択可能であることや、その8通貨を同時表示できる取引ツールや完成度の高いスマホアプリに注目が集まりました。
現在人気の高い外為オプションやバイトレ等との熾烈な顧客争いが今後も展開されることでしょうね。
2015年の国内バイナリーオプションにも、複数社のサービス開始が計画されています。
実質新基準2年目となる2015年の国内バイナリーオプションにも、要注目ですね。
以上で2014年の国内バイナリーオプションの振り返りとしたいと思います。
皆さん今年はお疲れ様でした。来年もバイナリーオプションでざくざく稼いでいきましょう!
良いお年を!

関連記事

今、国内バイナリーオプション取引業者の中でも特に初心者から人気が高くなってきているオプトレについての

本日ご紹介するのは、8通貨取引で有名となっている、オプトレのデモ取引についてです。 オプトレといえ

今回特集するのは、ヤフーグループのYJFX社が提供するバイナリーオプションサービスである「オプトレ」

今回は、オプトレのバイナリーオプション取引攻略についてレポートします。 オプトレといえば、国内バイ

今回ご紹介していくのは、オプトレの取引方法とその評価に関する情報です。 オプトレは、ヤフーグループ

今回ご紹介していくのは、オプトレでの口座開設です。 オプトレと言えば、ヤフオク等で有名なヤフーグル

今回の記事では、オプトレでのiPhoneを活用したトレード術についての情報を提供します。 オプトレ