国内で最も人気がある注目バイナリー!

バイトレ
FXTF
取引単位 1ロット/10~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 6通貨ペア

FXトレード・フィナンシャル運営の国内でも新しいバイナリーオプションがバイトレ1000です、最低ロット数が1000円未満と低予算で始めることができるので投資初心者にお薦めできます。

スマホ取引対応している国内バイナリーオプション

みんなのバイナリー
みんなのバイナリー
取引単位 1ロット/50~990円
ペイアウト 約1.01~20倍
判定期間 最短2分~122分
通貨ペア数 3通貨ペア

トレイダーズ証券が運営する国内バイナリーオプションがみんなのバイナリーです、通貨ペアも少なく馴染みのある通貨のみなのも取引きしやすい1つだと言えます。

世界のIGグループが誇る信頼のバイナリーオプション

IG証券バイナリーオプション
IG証券バイナリーオプション
取引単位 1ロット(0.1ロット)
ペイアウト 1倍〜約33倍
判定期間 最短2分
通貨ペア数 7通貨ペア

最大の特徴は通貨以外の取引ができることと、取引がラダーオプション、レンジオプション、ワンタッチオプションと3種類から選ぶことができ自由度の高い選択をすることが可能なのでお薦めです。

おすすめ国内バイナリーオプション攻略法

公開日:

国内バイナリーオプションが、初心者でも取り組みやすい投資法ということで注目されていますが、実際問題、初心者が適当に取引して勝てるのかというと、実は勝ててしまうのが国内バイナリーオプションの真実。
ただし、それはただ単に、勝てるだけであって、継続して安定的に勝てることとはまた別問題。
国内バイナリーオプションは、仕組み上、初心者が取引しても、ある程度の勝率が確保できる投資商品ですが、その勝率は、取り組む個人のスキルや経験によって変化するのは当然ですよね。
つまり、国内バイナリーオプションは初心者でも勝てるというのは本当ですが、安定して稼ぐためには、いつまでも初心者レベルでいてはならないということになります。
そこで必要なのが、国内バイナリーオプションの攻略法。
攻略法とは、取引においてある一定の手法を使い、継続的に稼ぐための具体的な方法です。
今回は、初心者におすすめの攻略方法の一例をご紹介したいと思います。
その国内バイナリーオプション攻略法とは、各社が提供している情報ツールを利用する方法。
具体的には、FXTF社が提供している未来チャートや、FXプライムのぱっと見テクニカルなどのツールによる予測に基づき、最良判断を最小限にしたトレード手法。
その方法とは、決して難しいものではなく、初心者でも再現・実践が可能なものです。
情報ツールが予測した方向性に素直に取引を行っていきます。
ここで問題になるのが、そもそもそれらのツールを利用するためには、それぞれの会社で口座を開く必要があるということ。
しかし、一度口座を開設すれば、それ以降情報ツールは無料で使っていくことができますし、実は、その会社で取引をしなくても利用できるのです。
つまり、情報ツールだけ利用する攻略法も実現可能。
無料で利用でき、しかもいたってシンプルな方法です。
この攻略法の難しい点は、自分の感覚でのトレードを極力廃し、情報ツールが示す方向性にのみ淡々とトレードを繰り返すこと。
実は、国内バイナリーオプション初心者が勝てない理由が、自分が決めたルール通りのトレードができないことなのです。
それを避けるためにも、この攻略法は有効です。
もしもできるなら、情報ツールを利用できる状態にした上で、デモ口座で検証した後に実践することをおすすめします。

関連記事

「選べる外為オプション」の取引概要がついに明らかに! いよいよ今月4月4日から始動する選べる外

本日の結果 2日連続中国人民元切り下げも… 皆様、相場お疲れ様です。今日もなかなか濃い一日となりま

国内バイナリーオプションが盛り上がりを見せていますが、その大きな理由として2chなどのネット上での口

先日当サイトでもお知らせしたヤフージャパンが親会社の国内バイナリーオプション、オプトレ!に登場したレ

まだまだあるぞ!国内バイナリーオプションへの誤解 前回は口座開設試験などに関する国内バイナリーオプ

テクニカル分析を使いこなすために テクニカル分析で一番大切なものはなんでしょうか。もちろん分析する

実は儲けやすいポンド円 イギリスの通貨であるポンドはかつては世界の基軸通貨として全世界で流通してい

新サービス『選べる外為オプション』登場! 来る4月13日、いよいよFXプライムよりバイナリーオプシ

国内バイナリーオプションは、近年特に注目を集めている投資方法です。最近では各業者も宣伝に力を入れてい

国内バイナリーオプションの人気が徐々に高まりつつある中、「勝てない」「稼げない」という声がネット上に